NEWARTICL

更新情報

妊娠中は膀胱炎になりやすい

お腹の大きな妊婦

膀胱炎というのは膀胱に炎症が起きてしまう病気で、膀胱内で原因となる病原菌が増殖してしまうことで発症します。多くは身体の外から病原体が侵入して、それが元になり膀胱炎を引き起こしますが、尿道の長さが女性の方が短いということもあり、男性よりも女性に多く発症するという特徴があります。そして膀胱炎に一度なった人は何度も発症を繰り返す傾向があることから、妊娠前に膀胱炎になったことがある人は、妊娠中にももう一度発症してしまう可能性があります。今まで一度も膀胱炎になったことがないという人も安心はできません。なぜなら、妊娠中は通常の体とは違い免疫力が低下しているために、色々な病気にかかりやすい状態になっているからです。普段は風邪も滅多にひいたことがないという人も妊娠中だけはなぜか何度も風邪をひいたという人も多いと思いますが、それは仕方のないことで、普段は風邪の病原体が体に入ってきても自分の免疫力で病原体を倒すことが出来ていますが、免疫力の低下によりそういったことができなくなり、風邪を発症しやすくなるというわけです。さらに妊娠中には普段は服用できる薬が飲めなくなることが多く、もしも何かの感染症にかかってしまった時でも薬を飲まずに治るのを待つしかないという状況になりがちです。そこで普段ならば軽い風邪程度で済むものが、重症化してしまい大変な思いをするということが起こるようになります。妊娠中はこのように、いつもとは違った体の状態になるために、常に感染症にかからないように注意をしていなくてはいけませんが、なかなか理想通りに行くことはなく、疲れを溜めてしまって体調を崩すということを繰り返してしまう人も多いようです。膀胱炎に関しても同じことが言えます。原因となる雑菌などは普段から体の中に入ってくることが良くありますが、妊娠をしていない時には体に備わっている防御反応で体に入ってきた雑菌を殺して感染症を起こさないようにしています。妊娠中はその力が弱まるので、ちょっとしたことで膀胱内に病原体が入り込むと、そこから膀胱炎を一気に発症してしまう恐れがあります。洋式トイレ妊娠中に膀胱炎になりやすいということは多くの人に知られている事実ですが、わかっていても完全に防ぎきることが難しく、何かと忙しい妊娠中には膀胱炎になってしまう人の数がとても多いのが現実です。膀胱炎になると発熱を起こすだけでなく、排尿時に痛みが出るなど、ただでさえ大変な妊娠期間中に、辛い症状を抱えてしまい妊娠中の大変さを増やしてしまいます。膀胱炎の症状には尿の回数が増えるということもあるので、症状が酷くなると何度もトイレに行く必要があり、体を重く感じている時期などは大変辛いことになってしまいます。妊娠中は膀胱炎にかかりやすいという事実を忘れずに、膀胱炎の予防をしていくことが大切です。

膀胱炎になると赤ちゃんへの影響が心配

妊婦と子供

実際に妊娠中に膀胱炎にならないようにしていても感染してしまうことがありますが、その時に一番気になるのは赤ちゃんへの影響はあるのかということです。膀胱に炎症が起こることで、直接的に赤ちゃんに影響が出るとは考えにくいのですが、炎症が起こっている膀胱は、赤ちゃんのいる子宮のすぐ隣になります。場所的に非常に近いので、全く関係がないとは言えないでしょう。妊娠中期になってから膀胱炎を発症した時には、もう赤ちゃんの大きさも大きくなってきており体の各器官が作られている時期です。そのような大切な時期にすぐ近くで炎症が起こっていることは望ましいことではありません。また妊娠中期になると赤ちゃんが徐々に大きくなってくることで、膀胱を圧迫して膀胱内に溜められる尿の量が少なくなることがあります。そういった理由で多くの人が尿の回数が増えて、何度もトイレに行かなくてはいけないという悩みが出はじめる頃です。そういった時期に膀胱炎の症状のひとつである頻尿になったとしても、妊娠中に起きていることだと勘違いをしてしまい、膀胱炎を起こしていることの発見が遅れることがあります。症状がもっと強くなってから発症に気付くと、病状が進行しているために治療にも時間がかかりますし、なにより妊娠中は使える薬が限られているので、思ったように治療をすることができません。そのため、普段は膀胱炎でそこまで深刻な状況になることはありませんが、妊娠中期という特別な時期にかかってしまうことで、病状が重症化してしまうこともあります。妊娠中期は一般的に安定している時期になるので、妊娠中期のうちに旅行などをしておくという人も多くいます。もちろん旅行などをしても大丈夫ですが、妊娠中期は安定しているとはいえ、普段の体調とは大きく違ってきます。旅行の疲れがあるだけで膀胱炎を発症しやすくなりますし、旅先で水分が十分にとれないことでも発症をしやすくなります。旅行に行く時にはこういったことを覚えておき、無理をし過ぎないようにしたり、水分を十分に摂るように気をつけておきましょう。妊娠中期の後は妊娠後期と呼ばれる時期に入ります。妊娠後期は子宮の大きさがピークになる時期なので、膀胱はかなり圧迫された状態になります。そのため、順調な妊娠後期の人でも頻尿になることが多く、人によっては尿もれなども起こりやすくなります。妊娠後期も同じような理由で膀胱炎を起こしていることに気付きにくくなっていることがあるので、十分な注意が必要です。妊娠後期には感染が赤ちゃんの周囲にまで広がってしまうと早産を引き起こしてしまう可能性も否定できません。妊娠後期は赤ちゃんがかなり大きくなっているとはいえ、早産には大きなリスクがあり、出来る限り避けなくてはいけないものです。妊娠後期は膀胱炎にかかりやすくなっている時期ですが、かからないような予防をすることが必要でしょう。

膀胱炎が起こりやすくなる状況

細菌のイメージ

それでは膀胱炎が起きやすい状況というのはどのような時でしょう。膀胱炎が起こる原因にはふたつの大きな要因があり、

ひとつは身体の外から膀胱内に病原体が入ってくること

です。主に尿道を通って菌が入ってきますが、これは尿道の長さの影響を受けるため、尿道が短い女性はかかりやすくなるということにつながっていきます。もうひとつ影響を受けるのが体の側の状態で、

妊娠中のように免疫力が低下している時には病原体が入ってきた時に病気を発症することが多くなる

ということです。膀胱炎を起こす病原体になるものは色々なものがあり、これを体の中に入れないようにするということは相当難しいものです。普通に生活をしていると、体の皮膚の上には見えない雑菌がたくさん付いており、それが体の中に入ってしまうのを完全になくすことは不可能なことです。ただ膀胱炎への影響が大きいと考えられるのは排尿時に拭いた時に雑菌が尿道から入ってしまうことなので、普段から気をつけると共に、妊娠中は特に意識をして尿道から雑菌が入らないようにしていくと良いでしょう。そしてもうひとつ大切なことは病原体が体の中に入ってしまっても、中で増殖をしないようにするということです。病原体が体の中に入っただけでは膀胱炎を発症することはありませんが、その後に増殖をすると病原体の力が強くなり、免疫力の低下している妊娠中の体が負けてしまって病気を発症します。そのため、もしも体の中に菌が入ってしまっても、増殖をする前に体の外に出してしまえば病気の予防法となります。そのためには尿と一緒に菌を体の外に出すことが重要で、尿量がしっかりとした量でないと、膀胱内の菌の濃度が上がってしまい繁殖をしやすくなります。また、トイレを我慢していると膀胱炎になるというのは本当で、長い時間膀胱内に尿が溜まった状態になっていることで、菌の繁殖が容易に行われてしまいます。そのため、尿を我慢することはやめて、すぐに尿と一緒に菌を体の外に出すことが推奨されているのです。尿の濃度が濃くならないようにすることと、尿と一緒に菌を出来る限り早く体の外に出すことが膀胱炎の予防法として重要なことです。妊娠中はこういったことをしっかりと覚えておいて、予防法を実践するようにしなくてはいけません。しかし、妊娠中は排尿のことばかり考えて過ごすわけにはいかず、他に体の不調があったりすると、なかなかそこまで気が回らないという人が多いようです。そして、大きくなった赤ちゃんに子宮を圧迫されてトイレが近くなっているために、なるべく水分を控えてトイレの回数が少なくなるようにしているという人も多いようですが、それでは膀胱炎を引き起こしやすい状況を作ってしまっています。妊娠中は膀胱炎をはじめ病気になりやすい時期ですが、いくつかの点に気をつけることで病気の予防ができます。

膀胱炎の予防法は水分補給

水を飲む妊婦

妊娠中の膀胱炎の予防法としては、膀胱内で菌が繁殖してしまわないように、尿の量を増やして菌の濃度が上がらないようにすることです。そのためには一日のうちで定期的に水分補給をして、常に尿が作られているような環境が望ましいと言えます。つまり、水分補給をこまめにして体に水分を取り入れておくことが膀胱炎の予防法だということです。妊娠中はつわりが起こることが多く、つわりがひどいと水分も摂りたくないと思う人が多いようですが、水分は体にとってとても重要な役割を果たすものです。できるだけ負担の少ないような方法で良いと思うので、少しずつ水分を摂るようにしましょう。その時に活躍するのがウォーターサーバーです。妊娠中は重たいものを買うことも難しくなりますが、ウォーターサーバーならば、自宅で手軽に美味しい水を飲むことができ、重い水を買ってくる手間がありません。そして、ウォーターサーバーを設置していることで、常に水が視界に入ると、そろそろ水分補給をしておこうという促しにもなり、つい水分を摂ることを忘れてしまっていた、という事態を回避できます。妊娠中に気分が悪いと、つい家から出ずに過ごしてしまいますが、そういった日でも家の中にウォーターサーバーがあれば、外出しなくてもいくらでも新鮮な水が味わえます。もちろん味も水道水よりも美味しいので、飲むことに苦痛はないでしょう。妊娠中は味覚が変わると言いますが、水ならば飲みにくいと感じることもなく、匂いもないのでつわりの時期でもそこまで苦痛に感じることはないでしょう。ウォーターサーバーは最初に設置をしてしまえば、後は水の注文をしたりするだけで、家にいるだけで水が飲めます。また妊娠中だけでなく赤ちゃんが生まれてからもミルク作りや離乳食作りの際には活躍をすることが間違いないので、長く愛用をしていけるものになるでしょう。妊娠中も買い物をすることが大変になりますが、赤ちゃんが生まれた後も、小さい子供を連れて重い水を購入することは難しく、よりウォーターサーバーが活躍する場が増えると思います。膀胱炎の予防にはとにかく水をこまめに飲んで、菌が体の中で増えないようにすることですが、一気に大量に水を飲んでも、他の時間帯には水が不足している状態では、その時期に菌が繁殖して膀胱炎になってしまいます。そうならないためには、水を少量ずつ時間を空けて飲むことです。常にちょこちょこと水を飲んでいることで、膀胱内には少しずつ尿が作られていくので菌の繁殖を予防します。そしてできるだけトイレを我慢しないようにすることも重要です。トイレに行きたいと思った時には、我慢せずにトイレに行くようにしましょう。そして水を十分にとることと同時に体の疲れを溜めないということも病気の予防になります。水分をしっかりととりながら、適度に休憩をして膀胱炎を予防しましょう。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

Coolqoo >>公式サイトはこちら

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

Coolqoo