妊娠中期・後期の膀胱炎に要注意!赤ちゃんへの影響と予防法 > 妊娠中の膀胱炎の症状とは?

妊娠中の膀胱炎の症状とは?

お腹が大きい妊婦

普段なにげなく生活をしていても膀胱炎になる機会というのは非常に低いです。しかし、妊娠すると膀胱炎にかかりやすくなってしまいます。ちなみにそもそも膀胱炎というのはなぜかかるのかといえば、元々肛門や膣にいる大腸菌が大腸に感染する事が原因です。男性より膀胱の長さが短い女性は男性と比較して膀胱炎に感染しやすいという事がわかっており、特に冷え性の人は膀胱の血流が悪くなる事から菌などに感染する抵抗力が弱まっているので、菌が入り込んでしまうと増殖しやすくなります。

妊娠中はおなかが大きくなるにつれて膀胱が圧迫されやすい事から尿意を感じやすく、トイレへ行く回数が増えます。しかしその割には完全に膀胱を空にするというのが難しいので、膀胱内に尿がたまりやすい状態です。さらに妊娠中はホルモンの変化によって体調も変わりやすく、免疫力が落ちてしまいがちなのです。この2つが妊娠中に膀胱炎にかかりやすい大きな原因だと言えるでしょう。

膀胱炎になった時には早めに治療を開始したほうが良いので、おかしいなと感じた時には出来るだけ早い段階で病院で診察を受けるようにするといいです。一般的に膀胱炎になったかもしれないと感じた時に行くのは内科もしくは泌尿器科か婦人科です。しかし妊娠中の場合はおなかの赤ちゃんの事もありますので、まずはいつも通っている産婦人科で診てもらうのがお勧めです。

病院の受付

産婦人科で診察を受けた結果、妊娠中であっても泌尿器科などで治療を受けるという事になる場合もあります。膀胱炎がどれくらいの状態になるか、どういった症状が出るかというのは個人差が大きいのでまずは産婦人科でどういう状態かという事を調べてもらうのが安心です。必要であれば、妊娠中でもOKな薬を処方してもらって完治に向けて頑張るという事になります。

くれぐれも膀胱炎になった時に放置して自然治癒するのを待つといった行為はしないでおきましょう。もし悪化してしまい、膀胱から菌が腎臓にまで移動してしまうと腎盂腎炎になる可能性が出てきます。そうなってしまっては本人だけではなく、おなかの赤ちゃんの命も危険にさらす事になるので注意しなければいけません。

トイレとトイレットペーパー

妊娠中の膀胱炎の症状

妊娠している時に膀胱炎になってしまった時には出来るだけ早い段階で治療を受けるようにしましょう。

症状として出てくるものは
いつも以上に頻尿になる
下腹部にハリを感じる

といったものです。一般的な膀胱炎の症状には

  • 頻尿の他にも残尿感
  • 排尿時の痛み
  • 違和感
  • 下腹部の違和感やハリ、痛み

などがあります。また

  • 尿が白く濁っていたり、においがいつもよりきつく感じる
  • 血尿が出る

人もいます。しかし妊娠中はそこまで感じるという人はあまりおらず、頻尿と下腹部のハリが主な症状となる事が多いです。

気になるのはもし妊娠している時に膀胱炎になってしまった時に、おなかの赤ちゃんに悪影響はないのかという点です。これに関しては、おなかの赤ちゃんに影響が出てしまうという事はないとわかっています。もちろん病気なのですから、薬を飲んで治療をする必要があります。ただこの薬に関しても、妊娠中に飲んでも問題はないものを出してもらう事が出来ますので安心です。

市販でも膀胱炎に効果的な薬はありますが、妊娠中はやはりおなかの赤ちゃんの事もありますので安易に市販薬で治そうとせずに、必ず病院で診察を受けて妊娠している時でも安心して飲める抗生物質を出してもらうのが良いでしょう。

おなかの赤ちゃんに影響は出ないとは言っても、出来れば膀胱炎にならないようにしたほうが良いのは間違いありません。ですから、普段から予防をしておくようにするのが良いです。

  1. トイレを我慢しないようにする
  2. 水分を十分に摂取する
  3. 外陰部をいつも清潔にしておく
  4. 免疫力アップをする食べ物を積極的に食べるようにする

といった方法があります。これらは普段から簡単にできる予防法ですので、やってみるのもいいです。