妊娠中期・後期の膀胱炎に要注意!赤ちゃんへの影響と予防法 > 妊娠中に膀胱炎になりやすいのはなぜか

妊娠中に膀胱炎になりやすいのはなぜか

腹部に違和感を訴える女性

妊娠中の女性は、膀胱炎になりやすいと言われています。膀胱炎とは細菌による感染症のことをいい、主に大腸に入る細菌が膀胱の粘膜などに侵入して増殖し炎症を引き起こすものです。通常は、少し細菌が膀胱に侵入しても膀胱粘膜には防御機能が備わっているので、増殖することはありません。排尿時の自浄作用によっても細菌は洗い流されます。しかし、何らかの理由で細菌が膀胱内に定着してしまうと、膀胱炎が引き起こされてしまうのです。

では、どうして妊娠中だと膀胱炎になりやすいのでしょうか。それには大きく2つの理由があります。まず1つめの理由には、

妊娠中には子宮が大きくなって膀胱を圧迫する

ことが挙げられます。膀胱が圧迫されると、少ししか尿が溜まってなくても尿意を感じてトイレに行きたくなる頻尿が起こります。頻尿になると、排尿しているにもかかわらず尿が膀胱内に残ってしまうことが多いので、細菌に感染しやすくなってしまうのです。

元々、女性は男性よりも尿道が短く、尿道括約筋という筋肉の力が弱いとされています。そのため細菌が尿道から膀胱に侵入しやすいので、男性と比較すると膀胱炎になるリスクが高いことが分かっています。

それから2つめの理由には、

妊娠中は免疫力が低下してしまう

ことが挙げられます。免疫力とは細菌やウイルス、異物など外部からのダメージから体を守る機能のことをいい、いくつもの免疫細胞が強調し合うことで力を発揮しています。健康な状態であれば免疫力によって、細菌が侵入してもそれを撃退することができます。

ところが、免疫力が低下しているとウイルスや細菌が体の中に侵入してきても、これをきちんと防ぐことができません。増殖を許してしまい、感染症が引き起こされるのです。妊娠中は悪阻があったり、ホルモンバランスが崩れるなど体調を崩しやすく、免疫力も低下しやすいと言われています。そのため感染症にかかりやすくなってしまいます。妊娠中に風邪などをひきがちなのもこのせいです。

早めに治療をすることが大切

看護師

妊娠中に膀胱炎になった場合には、排尿時に痛みを感じたり、残尿感を感じるなどの症状が現れます。下腹部に痛みを感じたり、尿の色が白く濁ったり、血尿などが現れることもあります。

妊娠中に膀胱炎になっても、直接お腹の胎児に悪影響を及ぼすことはありません。しかし膀胱炎が悪化して、細菌が膀胱だけではなく腎臓にまで達してしまう腎盂腎炎になることがあります。腎盂腎炎を発症すると、母子共に命の危険があるので注意が必要です。高熱が出たり、悪寒や震えなどの症状が出ますし、多くの場合は入院して治療をする必要があります。

腎盂腎炎にならないためにも、膀胱炎は早期に治療を始めることが大切です。膀胱炎の症状である頻尿は妊娠中に起こりやすいので自覚しづらいですが、排尿時に違和感を感じたり、痛みを感じたような場合には医療機関を受診するのが望ましいでしょう。

膀胱炎の症状が感じられたら泌尿器科を受診するのが一般的ですが、妊娠中は服用できる薬も限られているので、まずかかりつけの産婦人科を受診するのがおすすめです。進行具合や症状によっては、泌尿器科で専門的な治療を勧められることもあります。

膀胱炎の治療は、基本的に抗菌薬を服用する内服治療になります。抗菌薬の中には妊娠中に服用できないものもあるので注意が必要です。かかりつけの産婦人科ではなく泌尿器科を受診する場合には、妊娠していることをきちんと伝えておくようにしましょう。

それから免疫力が低下していると細菌が増殖しやすくなるので、きちんと睡眠をとったり栄養を摂るなど日常生活にも気を配る必要があります。特に妊娠中は疲れやすいので、休息をとることがとても重要です。